マッテルの成長日記

このブログはみんなで作り上げる感動と一体感をテーマにしたストーリーです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

49日目(転換期 高校生編2nd)

【転換期 高校生編 第2話】

ずっしりと重たい本を受け取った
おれはしばらくぼぉ~っとした。

兄貴の意味深なメッセージ。

左手に感じる重たい本から
発っせられる不思議な存在感。

初めてだった。

活字しかない本を兄貴が勧めてきたのは…。

何とも言えない違和感と期待感。

『もしかして、モヤモヤしてた
おれの疑問にこの本は
応えてくれるんじゃないか!?』
そう思った。

おれにとって、その兄貴の存在は
最初のライバルでもあり憧れの象徴、
そして目指すべき対象でもあった。

小さい頃から、
殆ど何一つ勝てなかった。

勉強は天と地の差。
サッカーも足の速さも、
センスも何もかも負けてる気がした。

いや、実際にも負けてたんだけど…。

悔しかったけど、
同時にそれが嬉しくもあった!

憧れでもあり、
越えるべき壁として
いつもそばにいて欲しかった。

そんな兄貴が勧める本を
読まないわけにはいかない!

そう思い、
ドキドキとワクワクを胸に
その本を開いた。。。

たった、30ページ読むのに
1時間ほどかかったと思う。

アホみたいに真剣になった。。。

30ページも読んで分かったことは
たったの一つ。

『やばいっ!なんかやばいぞっ!!!
このまんまじゃアカンっっっっ!
………でも一体どうしたら????』

そんな感じだった。

今でもハッキリ覚えてるのは、
“金持ち父さん・貧乏父さん”を
30ページ読んだすぐ後に、
兄貴を部屋に呼び、
言ったおれの一言。

『おれ会社辞めるけん!』
自分でもビックリ…o(゚◇゚)o…

えっ?
おれ何言ってんの!?
って、思った。

せっかく拾ってくれた大手の会社。

さらには一度も働いたことさえない、
新人さんのさらにはるか手前に位置する
スーパー青二才のおれは、あろうことか
そんな一言を言い放った。

その時に人生最大の決断をした!

それは、一生どこかの会社に
勤めて働くんじゃなくて、
力がついたら独立して会社を
起こしお金持ちになること!!!

一生、やりたいかどうかも
分からないような仕事を続けるのは
ゴメンこうむる!!!!!

お金持ちになって、
自分の好きなものを買って、
好きなことを好きなだけしよう!!!
毎日サッカーしまくって、
好きなマンガ全部集めて、
好きなCD買いまくって、
オシャレにも気を配って、
家族全員に旅行をプレゼントしてやろう!
美味しいもん食べさせて、
『ばぁちゃん、お父さん、お母さん、
兄貴…もう、そんな辛そうに毎日、毎日
汗だくになりながら働かなくてもいいよ!
お金ならおれが死ぬほど稼いでくるから!
だからもう、何もお金のことで心配もケンカも
せんでいいよ!!!毎日みんなのしたいことして
暮らそう!笑ってくらそうよ!』
…そう言ってやりたくなった。

ただの従業員になって
会社の歯車の一つとして生きていくことに
危険を感じた。

高校卒業と同時に勉強とは
おさらばするつもりだったが、
どうやらそうもいかないらしい!

今度はお金の勉強が始まる!

高校3年の冬。

マッテルの大きな転換期は
こうして訪れた。

今、思えば本当に自分の
人生を大きく大きく変えた出来事。

それをあんなに早い時期に
実の兄貴から伝えてもらったことは
運がいいとしか思えなかった。

初めて触れた自己啓発本。

その本の中身はご自分でお読みに
なることをお勧めします!

きっと感じることは人それぞれ違うから。

…何て言ってみても、
この“マッテルの成長日記”を
読んでくれてる人はせっかちな
人が殆どだと勝手に思ってるから、
マッテルが感じたことを書きますね(^O^)☆
(本当は書きたいだけですけど 笑♪)

その本には、
お金の扱い方や増やし方が
書いてありました。

当時、それを読んだ時の
ショックさといったらありませんでした!

18歳ながらの価値観というものが
あっさりと、しかも見事に
崩れ落ちた感じです。

ガシャガシャーーーンっっっ!!!!!
という激しい音が聞こえたほどです。

何かその時、思ったのが、
『何でこんな大事なこと誰も教えて
くれんかったんだっっっ!!!』ってこと。。。

学生から大人・社会人になって
大きく変わるのは、
お金の扱い方を学ばないといけないことと、
社会的責任を取らないければ
いけないことだと思う。

日本って変わってる国なんだなぁと
思ったのが、
あまりにも“安全”という言葉に
みんなが惹かれ過ぎだということ。

そしてお金持ち=悪人という
イメージが一人一人の心の中に
こびりついてるってこと。

勿論、おれも昔思ってた。
っというよりは、そういうイメージが
染み付いてた。

お金持ちの奴は何かわりーことやってんだろう!
みたいなことを思ってた。

実際、おれが今までに会ってきた
小金持ちの人たちは面白くて
楽しく生きてる人たちが多かった。

子供みたいにやんちゃな顔して
楽しそうに笑う人が多くて、
『あぁ~おれも将来、こんな風になれたら
いいなぁー!』と、思わせてくれる人が
多かった。

それを見て、
大人になるってちょっと面白いかも!
(≧~≦))ププッ って、思った。

おれはお金を得るために仕事を
したけどお金のことを何も知らなかった。

お金の増やしかたも、
扱い方も何も。。。

給料から引かれてる、
厚生年金が何なのか、
所得税・住民税・健康保険…
税金…そういったものが何なのか?

いったい何に使われてるのか?
さっぱり分からなかった。

18歳の冬から、
学業の他にお金持ちになるための
勉強が始まった。

お金で困る両親、
お金でケンカする両親を見て育った
おれは、同じてつは踏みたくないと
思った。

せっかく両親がお金で苦労してる
姿を見てるんだからおれは
同じようになったらアカン!
そう思うようになった。

みんなが毎日、
必死になって働きながら
追いかけてるお金。

でもその大事な大事な
お金の扱い方をいまだ知らないおれ。

マッテルのお金の勉強、
心の勉強はまだまだ続く…

それに加えて、さらに心の勉強も
始めた。

何でもいっぺんにやろうとしてしまう
癖があるから、
一歩一歩ゆっくりと成長していこう♪
スポンサーサイト
  1. 2008/07/28(月) 18:48:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<嬉しかったこと♪ | ホーム | 48日目(転換期 高校生編)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matteru68.blog116.fc2.com/tb.php/54-ae45b724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。