マッテルの成長日記

このブログはみんなで作り上げる感動と一体感をテーマにしたストーリーです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

13日目(感動の共有)

ほんとにいつもいつもいつも、思います。

とくにこのブログを書き出してからはとくに。

感謝してます。

ありがとうって言いたいです。

今日もコメントを見て、胸が暖かくなりました。

りょうさん・タカキさん・ともやん、コメントありがとうo(^-^)o♪

このブログやって本当に良かった。。。泣



マッテルはめちゃくちゃ強がりな人間です。

見栄はって、強がって、いつも平気なふりをしてきました。

今でももちろんそういう強がりな自分が出てきます。

会社で働いてる時は、自分より見た目がかっこよくいつもピシっとした人を見て引け目を感じ羨ましがってました。

自分より知識があって経験がある人に対しても、同じように思ってました。

尊敬するけど、その人の失敗をどこかで期待していたり。。。

自分よりできる人がいると、その人と自分を比べてしまい劣等感を感じて嫌になりました。

同じ会社で働いてる仲間や同志でありながら、競争ばっかりしてました。
数いた同期の中でも特にマッテルは頭が悪かった。

みんなは一度聞いて理解してるのに、マッテルは3度聞いて何となくわかる程度。

そんな自分にいつも自信が持てなかった。

みんなが羨ましかった。

どんどん成長していくみんなに嫉妬すら感じるほど。。。

いや、怖かったのかもしれない。

人と違うということに対しての不安が大きかった。

マッテルは高校生の時に一度大きなターニングポイントを迎えました。

それは実の兄に『30ページだけ読め!』と言われて読んだ本、
“金持ち父さん、貧乏父さん”との出会いから始まった。

高校生だった僕は、尊敬する兄の言う通り実際にその本を30ページ読んで、
その時に決めたんです。

このままじゃいけないんだ!
おれは商売人になろう、お金持ちになろう、ビジネスで成功しよう。。。と。
高校生なりにそう思った理由はたくさんあった。

お金があれば幸せになれると単純に勘違いしたこと。
家族で旅行に行きたかったこと。
もう誰もお金のことでケンカすることがなくなると思ったこと。
みんなを救いたかった。
ちっぽけなおれでも役に立つ!それを証明したかった。
家族に笑ってて欲しかった。
もう誰にも苦労させたくなかった。
みんなを楽にさせたかった。

お金持ちになりたい理由がたくさん見つかった。

働く目的が見つかった。

そしてそれは同時に、今までの常識が全て打ち砕かれた瞬間でもあった。


僕が前に勤めてた会社というのは世界的にすごく有名なブランドを持ったとこだった。

みんなも名前は必ず耳にしてると思う。

それくらい有名な会社。

でも僕は入社するときから決めてた。

この会社は3年か5年で辞めて、自分でビジネスを起こす!と。

だから、最初から一つみんなからは浮いた存在だった。

同期の仲間にもおれはこの会社辞めるって言ってたから。

仲間たちからは『バカなことはやめとけ!』と何度も止められた。

先輩や上司の人からも何度も『お前は世間のことが何も分かってない…ここは辞めないほうがいい、この会社にいれば安全だから。』と、鼻で笑われた。

その度に、若さもあって先輩や上司にたてついた。
自分の情熱をぶつけた。。。

『何にも分かってないのは、あんたたちだろっ!』そう心の中で叫んだ。
『世の中ちゃんとみてみろよ!』そう言いたかった。

結局おれは約7年近くその会社に勤めた。

持ち前の意志の弱さと、行動力の無さが僕をその会社に留まらせた。

母親は僕がそこに勤めてるのが何よりの誇りだった。

会社を辞めるって決めた時、一ヶ月以上母親には言えなかった。

言われることも、責められることも、母親が落ち込むことも目に見えてたから。。。

それでもねお母さん、おれは自分を押さえれ無かったよ。
それでもね先輩、おれは自分に正直に生きたいと思ったんですよ。

確かにおれは甘いと思う。
だっておれに何ができるかなんて今でも全然分からないから。
成功できるかどうかなんてちっとも分からないから。

でも、やるしかないと思った。

おれは人生一度終わった身の人間。

交通事故を起こして歩行者を跳ねて、意識不明の重体にしてしまった。

テレビのNewsにも新聞にも載った。

家族・友達・会社のみんな、そして被害者の人とそのご家族のかたがた、事故を起こしてから皆に迷惑と心配をかけた。

それでも奇跡的に相手が意識を取り戻し、元気に回復してくれて、仕事復帰も果たしてくれた。

お見舞いにも何度も行って、仲良くもなった。

あの事故以来、人生にたいする価値観が変わった。

前まではとにかくお金が欲しかった。

それが自分を幸せにする1番の近道だと信じてたから。

でも今は、ただ楽しく暮らしたい。

生かされた命をしっかり世界に還元したい。

昨日のブログで書いた通り、一人の幸せが世界を救うとおもうから。

僕は幸せであろうと思った。

そのために、僕は人と自分を比べるのを辞めたいと思った。

競争に勝っても負けても、嫌な思いをするから。

勝てばさらに優越感を求め、負ければ虚しい自己嫌悪。

どっちにしてもおれは幸せから遠退く。

幸せでいるために、そのままのありのままの自分を受け入れようと思った。

何かができなくても良い、ダメな自分でいい、強くなくていい、弱くていい、泣いてもいい、無理しなくてもいい、勝たなくてもいい、負けてもいい、ただただ幸せだと自分自身で誇りを持って言えたらそれだけでいい。。。

そう思うようになった。

お父さん、お母さん、おれはまだまだ二人に心配かけてるね。

ほんとにほんとにゴメンなさい。

でもね、一つ。これだけはいっとくね、おれは二人の子供で幸せです。

おれは今、最高に幸せだよ。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/20(金) 13:45:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<“3”という数字の意味は“希望”です | ホーム | 12日目(着地点)>>

コメント

なんていい事書くんや~。毎回心に響きます!一度酒を交わしながらお話ししたいです、昔話にでも花を咲かせながら…。
  1. 2008/06/20(金) 19:45:43 |
  2. URL |
  3. 若葉の法律家 #-
  4. [ 編集]

コメントありがとう

若葉の法律家さんコメントありがとう☆

長文で読むの大変だと思うけど読んでくれて本当に嬉しいです!

酒飲みながら今度ゆっくり話そうね!

楽しみにしてます♪
  1. 2008/06/20(金) 20:54:15 |
  2. URL |
  3. マッテル #-
  4. [ 編集]

感謝は愛の扉をひらく。
愛をおくってます^^
  1. 2008/06/20(金) 23:26:07 |
  2. URL |
  3. meg #-
  4. [ 編集]

届きました♪

Megさんの愛、ちゃんと届きました~o(^-^)o
嬉しいです。。。感謝してます♪
  1. 2008/06/20(金) 23:40:52 |
  2. URL |
  3. マッテル #-
  4. [ 編集]

今最高に幸せと言えるマッテルさんは、本当に素晴らしいですね
ここ自分は何年か言ってない気がします
普通の人は、人生こんなはずではなかったとか、未来に対しての不安などが付きまとって、なかなか言えないような気がします
今を一生懸命楽しんでいる人が、言える最高の言葉ですね
気付きが入りました
  1. 2008/06/23(月) 11:31:10 |
  2. URL |
  3. りょう #-
  4. [ 編集]

気づきがあってよかったですね~りょうさん?

気づいた時点でりょうさんにすでに幸せに生きる準備があるってことですね。

何でも、そうですが、その本人が気づくものは全てその人自身にあるものです。

僕のブログでりょうさんが気づいたのであれば、それはマッテルが与えたものじゃなくて、りょうさんが思い出したものですo(^-^)o

よかったですね~おめでとう☆
  1. 2008/06/23(月) 14:26:26 |
  2. URL |
  3. マッテル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matteru68.blog116.fc2.com/tb.php/17-0234c434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。